スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せかいにさよなら。

Category : ゲームと日常。


「ユメミルクスリ」をクリアした。
とても爽やかな鬱ゲーでした。そもそも鬱ゲーには部類されないんだろうけど。

順序は先輩→ねこ子→あえか。以下ネタバレ感想。

先輩ルートは、最初にクリアしたんですけどちょっと唐突というか描写不足だったかなあ。
先輩がどうして突拍子も無いことをし出かしたり快楽を求めるのか?っていう理由が分かった時は
何となく「あーそっかー」って思ったんですけど、それでもちょっと物足りなかったかも。
子供や出産のことに関しても余りに唐突過ぎて。
主人公は純粋な好意で受け入れてるのは分かるけど、それでも「それ本当かよw」って思ってしまう。
思うに、シリアス部分(物語の核心)がちょっと少なかったのかなと思います。
最後のセリフ(「明日は何処へ行こうか」)で締めるのは凄い良い終わり方だと思うんですけどね。
うーん、残念だった。落下するシーンはいきなりの展開だったので(良い意味で)呆気に取られました。

ねこ子ルートは・・・、ルートに入るまで何この痛い子/(^o^)\って思って出来れば関わりたくなかったんですけど(笑)
慣れればギャグもそこまで寒くないというかぶっ飛び過ぎてて段々よく分からなくなってきたよ!!!
まあそういう理由も含めて全然期待してなかったんですけど意外に面白かったです。
必死に理想の空想世界を求める様は、見てて痛々しかった。(色んな意味で痛いけどな)
あとは、途中から「あれ、この子もしかしてねこ子?」って分かってくる感じ。ああいう分かっちゃった感が好き。
やっぱ伏線(?)っぽいのがあると面白く感じますよね。
このゲームはまず泣かないなと思ったんですけど、木の上で狂乱するシーンとか、最後の観覧車のシーンに至っては号泣してる自分にワロタ。
彼女が、自分の力で世界を切り開けて良かったと思いました。本当。このルートが1番面白かったです。
あとねこ子に変身してない姿がとても私好みです本当にありがとうございましt(ry

あえかは、ちょっと置いてきぼり食らったかな。
1番描写が細かくて違和感とかは上2人に比べると無かったんですけど、終盤が何とも言えない。
何だろうな。悪かったのは京香達だったけど、殺しかけておいてその後何とも思わずに爽やかに生きていけるのが凄いわ。
どんなに自分達が悪くなくても、何処かで罪の意識を感じたり、そんな自分を怖がったりしないんだろうか。
主人公もあえかもネジ外れちゃってるから常識も道徳は通用しないけど。
何かが壊れた2人があのまま普通の生活を続けていくことがちょっと恐ろしいです。まあ幸せそうで何よりだが。
クリアして、「良かったね!」って言うよりは「何これ怖い!w」って感じでした(笑)


先輩もねこ子も、何だろう。彼女達に恋愛感情を抱くこと自体に違和感があるから、話の唐突さについて行けなかった節がある。
常識から外れた彼女達。自分に無いものを持ってる彼女らに憧れを持つのは分かるんですけど・・・
それってすぐに恋愛感情に結びつくものなのかな?まあたかがゲームでぐだぐだ言う話じゃないか。
エロシーンもいきなり多くて、興味無い私は無心にクリックを続けるクリックマシーンと化していたが、そもそもこれは男性向けのゲームなので女性の私が興味無いとか言ってることがお門違いで大抵のエロゲはこんなもんなはずででもあああああだってだるいんだもん!!早く進めたいんだよ!!\(^o^)/

あと、ラストであの曲は・・・どうなんだ。個人的にはラストにこそ、きちんとした主題歌流してほしかったよ。
いきなり明るいジャ●コ風音楽にがっくりきたわ(笑)



田中ロミオ、期待してた割には・・・って感じ。私がこういう系苦手なだけかも。
次は最果てのイマやりたい。田中ロミオに対しての見方も変わりそうな気がする。

ユメミルクスリ 廉価版ユメミルクスリ 廉価版
(2009/03/19)
Windows

商品詳細を見る







サムネで笑ってしまうけど(笑)聴いてて辛くなる。鉄風Pの歌詞ってどうしてこんなに鋭利なんだろう。
凄いとしか言い様がないよ。
私、普段は軽い雰囲気の音はあまり聴かないし好きではないのだけど、鉄風Pのは聴き込んでしまう。
歌詞ももちろんだけど、軽い音が重いように感じる。軽いというより空気みたいな。

表現出来ないー!とにかく大好きってことです。きっと1番好きなんだ。最近は「自爆」もよく聴く。泣く。



追記は拍手返事だす。



>彩華さん


拍手ありがとうございます!雰囲気があるだなんて、言ってもらえて嬉しい!
以前言ったかもしれませんが(忘れっぽいので・・><)、私は人の顔が撮れないし、撮る気も起こらなくて。
何だか生々しいんですよね。だから人物写真自体苦手で^^;
そのせいか、手足は無駄にたくさん撮るんですよ(笑)足って何かこう、言葉に出来ない美がある気がするんですw(何だか足フェチのようだ)
直接人と向き合えない性格が写真にも出てるのかなあと思うと面白いですw

そして砂糖菓子!こちらも読んでもらえて嬉しいです♪
高校時代の色々参ってる時期に読んで、凄く共感してしまって。それ以降何だかバイブルのようになってますー。
藻屑に似ているという「つぐみ」が気になります!興味あるので読みたいなあ(いつも願望系で終わらせてすみませんorz)

結末は分かっているけれど、読んでいる最中それをふっと忘れてしまったりして。
ふと、その結末を思い出す瞬間が辛かったです。。

Comment

やんでれ聴きました!
最初サムネの適当さにびっくりしたけど
とっても痛々しい曲ですね。生きてるっ!って感じがする。

顔が入る写真の生々しさってなんとなくわかるような気がします。
自分が映ってる写真みるのも嫌いです><
変に気取って浮ついて道化師みたいな、無意味に飾り立ててるように感じてしまいます。
逆に表情をとらないで手足にこだわるのって芸術家みたいで素敵です♪
心理学上では足はもっとも心の状態が表れやすいそうです。
顔は真面目に話を聞いていても足元見ると相手と全く違う所に足先が向いていると
いう状態だと、まったく話に興味がないか相手が好きではないという心理状態だそうです。
他にも足を組んだり貧乏ゆすりをしたりと
一番目に見えにくいだけに正直な場所なんですって(笑

「砂糖菓子~」はやりきれない物語でした><
でもずっと忘れないと思います。よしもとばななさんの「TUGUMI」は
病弱な女の子なんだけど美人で破天荒でわがままで口調も男言葉で
無茶苦茶な性格なんですけど、周りの人を魅了するんですよね。
きっとキョウノさんも気にいると思いますっ!
よしもとばななさんの本は描写が本当にきれいで
この人には毎日がどんなに輝いて見えてるんだろうって
読むたびに思います。
そんなにページ数もないので是非読んでみてください(●´ω`●)

>彩華さん

鉄風Pの曲は他にもたくさんあるのですが、どの曲もお勧めですよ!
このブログの横に付いてる「ピアプロ」ってブログパーツに何曲か鉄風Pの曲入ってるのでお暇な時にどうぞ♪
「ハイパーワールド」が特にお勧めです。動画内のタグも「哲楽」って付いてたりしてて面白いですw(哲学と音楽をかけ合わせてる)

私も自分が写ってる写真大嫌いですw写真写り悪いので不細工に写りますし(笑)
無意味に飾り立ててる、っていうのも何となく分かります。
足の話面白いですね!クラスで常に貧乏揺すりしてる子いるんですが(行儀悪いですけどね><)内心苛々してるんでしょうか・・w
私は人の顔を撮るのが嫌いですが、クラスの大半は皆人物写真を楽しそうに撮るんですよね。
私は興味自体が無いので羨ましいとは思いませんが、楽しんで人物を撮る=人が好き、向かい合えてるって思うと、凄いなあとは思います。
マニキュアを綺麗に塗ってる爪なんか見ると、無性にうおおおおお撮りたいいいいいってなりますww

私も、漫画でも小説でも写真でも、この人の見てる世界って凄いなあ・・と思うことあるのでその気持ち分かります!
最近、蟲師のアニメと原作全部見終わったんですが、あの作者さんも独特の目線を持ってるなあと思いました。
TUGUMI、ページ数が少ないと聞いて少し安心しました(笑)あまり読書しない自分にとってはありがたいです・・w
読みたいものは沢山あるのに、腰を上げるのに酷く時間がかかるんですよねorz本屋さんで見かけたら買ってみます!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。