スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしいパン食べたい。

Category : 音楽と日常。
ミズカネミズカネ
(2010/02/17)
藍坊主

商品詳細を見る


1日遅れて届きました。毎度お馴染みのamazonです。
凄く楽しみにしていましたが、一通り聴いて確かに「最高傑作だ」と思えました。
音楽的な面でも、もちろん歌詞の面でも。

感想、というか自分の感じたことを文章に表すのはいつも苦手なんですがとりあえず好き勝手に書きます。
まだあんまり聴いてないし何となく思ったことだけ書いてるので、だから何?って感じです。


2.ラストソング

藍坊主らしからぬ曲調だなあーと思った。個人的にはこういうメロディとアレンジ大好きだけど、藍坊主としては意外。
低迷宮の月がゆったりとした曲なので入り易かったのですが、この曲でがつんと掴まれましたね。
メロディ>歌詞派なので(藍坊主に限っては違うけど)メロディ聴きながら身悶えてました。
「長続きしない幸福感」って歌詞にびびっと来ました。本当に、よく感じることなので(笑


3.オレンジテトラポット

イントロで泣きそうになる。今も聴いてて目が潤む(笑)
藍坊主が好きな理由なんてもう無限にあるんですけど、その1つがこの独特の浮遊感です。
フォレストーンあたりからこういう雰囲気の曲が増えてきた気がしますが、
この宙に浮いているような感じは他のアーティストではなかなか表現出来ないと思います。少なくとも私の狭い視野じゃ分からない。
あといつも思うんですが、佐々木さんと藤森さんの作曲ってどちらも良い意味で雰囲気が似てる気がする。
まあアレンジ次第で何とでもなるんでしょうけど。どちらの作曲も大好きです。
温かい歌でずっと聴いてたい。

4.ポルツ

今回のこの「ミズカネ」は全体的に好みの曲が多くて、それだけでも満足なんですが。
このポルツには驚かされましたね。中盤にまさかのラップ・・・!!(そもそも私の中ではラップって感覚じゃないけど)
歌詞見た時に、これどういう風に歌うんだ・・・?って不思議に思ってましたが、意外でした。もちろん良い意味で!

ファラルウェーファラルウェーってところ良いですよね。佐々木さんの造語が凄い好きです。大好き。

5.おいしいパン食べたい

タイトルだけなら1番気になっていた曲(笑)
バターのような嘘とか、太陽に溶かされる、とか佐々木さんの言葉の選び方はいちいち秀逸。
この5曲目で自然と涙が零れました。(この後何回も泣くわけですが)

「でも涙がこぼれたそのあとには、やっぱり胸は元気になって、色んな物事が新しくなっていく。
だから余計に悲しくなるんです、この涙が抱えた愛しさも、
あなたの感触や、空気感も、きっといつかは薄れてしまうのでしょう?」

ここで、うわーって。私の場合は、マイナス的なことばかりなんですけど、
辛かったことも大変だったことも、時が経てば「過去」になってしまって。何か他人事みたいに薄れてしまう。
それだけならまだしも、あの時馬鹿だったなーとその薄れた思い出が黒歴史になっていく・・w
そういうのが凄い悲しかったんですよね。頑張ったはずなのに・・・みたいな。

まあ、この歌がそのまんま共感出来る内容ってわけでもないんですけど、そういうことを思いました。
誰かが自分の悩みとか感覚とか、そういうのに共感出来る歌詞を書いてくれると、それだけで安心するんです。
おいしいパン食べたい。

6.グッドパエリア

曲聴いて、何か昔の藍坊主っぽいなあーって思った。
最近の藍坊主は、良い意味で変わったなー成長してるなーって感じるんですが、
昔があって今があるんだよなあと、この曲聴きながら、特典のPV見ながら、漠然と考えてました。
最後の歌詞が好きです。ちょっとくすっと笑える。

7.氷に似た感応

ある意味最も驚いた曲です。「水に似た感情」として期待していた分、びびった。重い。
このアルバムのテーマは「愛」だそうです。私は「愛」という言葉がどちらかと言わなくても嫌いです。
綺麗事みたいなイメージ。そんな私の前に、愛の形の1つであるこの曲を持ってきた藍坊主。
だから藍坊主が好きなんです。綺麗事を並べてるんじゃないから。
独りよがりで歪んだ愛情。そもそも私には愛なんていまいち分からない感情で理解するのが難しい。
けれど、よく似た感情をよく持っていることにも気付く。
この曲を聴いて「私の全てを認めてよ、分かってよ」と常日頃考えてる自分を思い出しました。
愛ってそういう一方通行なものじゃないよな。だから私は理解出来ないんだ。(と、ちょっと鬱になります)
だから、ある意味1番共感出来る曲かもしれない。自分勝手な感想だけど。

8.創造的進化

この曲のイメージは何と、「陣痛」らしいです。男性がこういう歌詞書くこと自体にびっくり。
私、基本男性に良いイメージを持ってないので(失礼ですけど)単純に凄いなー・・と思いました。
終盤のピアノソロからマザーに入るまでは鳥肌。胸が詰まります。今回のアルバムは驚かされっぱなしです。

9.マザー
10.伝言

この曲って繋がってたんですね。歌詞もPVも。今更分かりました。
特設サイトにあるセルフライナーノーツで、伝言の「意図」を知って涙が出てきました。
ここでは書き難いから追記に書こう。

13.いわし雲

最後の最後にこの、脱力ソング(笑)
このアルバムを全部通して聴いて、気付かされたこととか、改めて確信したこととか色々ありました。
聴きながら、ちょっと真剣に、重く考えたりして。(マイナス的な意味ではない)
でもこの曲を聴き終わると、「色々あるけど、そんなに重く考えなくてもいいんじゃない」と言われてる気がします。
何かこう、もっと自由で居て、その上で考えていけばいいんじゃないの。みたいな。
「俺に青春なんて微塵もなかったぜ」と思っていたんですが(笑)俺の青春はまだまだ終わらないかもしれないぜ!



一部の曲は取り上げてませんが、またそのうち書きたくなったら書きます。

最近、BIGMAMAがきていて(笑)あーもしかしたら今私の中で1番かもーなんて思ってたんですが、
アルバム聴いて完全に差を付けられてしまいました(優劣をつけてるわけじゃないですよ)
やっぱり藍坊主は、自分に1番しっくりくる。好きです。何も考えなくても吸える酸素みたい。

Comment

ローリンガール聞きました!!
ミクはやっぱり高い声が綺麗♪ボーカロイド独特の無機質な感じというか
投げやりな雰囲気がぴったりな作品ですね。
ピアノもとってもいいですねっ
弾いているところを想像すると手が痛くなりそうです。。w

角田光代さんの本、まだ途中ですが読みやすくて好きです~。
やっぱり女性作家さんっていいなぁー♪
題名の「あしたはうんと遠くへ行こう」に惹かれました。
教えていただいた「対岸の彼女」はもちろん、他の本も読んでみようと思いますっ
読み終えたらまた感想書きますねー!

恋愛をする前から落ち込む必要はないとおもいますっ!
経験がないものを始まる前から否定してしまっては勿体ないですよ~。
誰かの事を想うって本来とってもピュアで尊くて素敵な事だと思います。
今のメディア(携帯小説や若い子向けの恋愛漫画なんか・・・)が
面白くするために不自然に着色するから嫌悪感がでてしまうような気がします。
学校での自分、友達の前の自分、家族の前での自分。
きっとみんな違うと思います。
人は誰しもペルソナ(仮面)をかぶって生活していますし、それが当たり前の世界です。
自分を晒すことって必要でしょうか。
美輪さんがおっしゃっていたんですが
「大根だって、土がついたままでは食べられません。
 きちんと洗って皮をむいて必要ならば水に浸したり隠し包丁いれたり
 だしを取って煮たりして、初めて食べられる。
 100%の私を愛して!(泥だらけの大根を食べて)なんて虫が良すぎます」と。
相手に自分をさらけ出す義務はないと思います。
100%相手にべったりする必要はないし、
そんなに近距離だとお互いの悪い部分もみえてきてしまいます。
よく母と話すんですが、家族でも友達でも仕事仲間も腹六分の付き合いが
ちょうどいい距離感ですよー。
こうでなければならない。こうしなければならない。って考え方に
自分ががんじがらめになってしまいますよっ
体を求められることに嫌悪感があるのなら、その時のパートナーにきちんと
話をすればきっとわかってもらえると思います。
「男だから・・・」ってマイナスなことを思ってるとどうしても態度にでてしまうし
本当にキョウノさんを想って大切にしたいという人が現れた時
すごく相手を傷つけてしまうと思います。><
今すぐに考え方を変えろって言われても無理かもしれないけど
もうすこし柔軟に構えて、その時が来たら改めて考えた方が自分も楽だと思います。
いつか、キョウノさんの価値観をひっくりかえしてくれるような方が現れるといいですね!!

明日から3週間、オーストラリアへいってきますっ
向こうでもPCできるそうですが勝手がわからないので
しばらくこちらに遊びに来れないかもー。(>▽<;;

>彩華さん

ローリンガール聴いて頂けたようで!素敵ですよね!
イントロでびびっときました。wowakaさんのボカロの調教の仕方はボカロらしさが全面に出ていて、
普段感じるような違和感が無いので大好きですー。打ち込みだからこそ出来るピアノ技・・・w

ありがとうございます><
ペルソナって言葉は自分に合ってるなあ・・・とは前々から思っていましたが、皆持ってるものなんですよね。
私も他人とは距離を取ってます。あんまり他人の悪い所とか見たくないし、逆に見られたくないので。
今居る周りの人達は、どちらかと言うと積極的に近付いてくるというか、
「悪いところがあったら本人に言うべきだし、距離間はない方がいい!」って感じなので、ちょっと疲れたりします。
(ニュアンスがもうちょっと違うんですが、言葉にしづらい^^;)
ちょっと話が違うかもしれませんが、研修旅行の時に女子の1人が「皆で風呂入るのが当たり前!」って雰囲気で
風呂に誘われたんですが、あの時は困りました・・・w
頑なに断ったので多分、変に思われちゃったんですけど、私の中ではこれ以上入ってくるな!っていう
プライバシー的な壁があるんですよね。分かってほしいなあー。
バイトでも、新人の男性さんに必要以上に馴れ馴れしく話しかけられるとげんなり。構ってちゃんにひっつかれたり、ついストレスが溜まってしまいますorz
私はパーソナルスペースがかなり広いようです。

男性のお話に関してはもうちょっと色々話したいのですが、他の人に見られるのは嫌なので・・・また別の機会に相談に乗ってもらえると嬉しいです!
彩華さんにはいつもアドバイス頂いてて、本当に感謝です!私ももう少し精神的に大人になりたい・・・><

オーストラリア、楽しんでいるでしょうか!?
私の父も去年のこの時期にオーストラリアに行ってましたよー。
言葉も話せないのに、何だかんだで上手くやって帰ってきてました(笑
その時フィルムカメラで写真を撮ってたそうなんですが、そのフィルムを訳あって間違って捨ててしまった私・・・w
喧嘩の最中だったので、しばらく目を合わせられませんでした・・wごめんね!w
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。