スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルコンDVD。

Category : 音楽と日常。
【7th Story Concert “M醇Brchen”~ キミが今笑っている、眩いその時代に・・・ ~】LIVE DVD【7th Story Concert “M醇Brchen”~ キミが今笑っている、眩いその時代に・・・ ~】LIVE DVD
(2011/07/27)
Sound Horizon

商品詳細を見る


待ちに待ったメルコンDVDを買って観ました。
mixiに3D上映の時の感想は書いたのですが、こちらにDVDと上映会を織り交ぜた感想も書いておきます。
長くなる上に主観的な文なので興味ある人だけどうぞー。


詳しく書いていくと書き終われないので端的に書きますが、素晴らしいの一言でした!
サンホラってやっぱり音楽アーティスト集団ですから、舞台に荒があっても仕方無いよなって思ってて。
期待外れも覚悟してたんですが…荒なんてとんでもない!完成された演奏・歌唱・演出・ダンス。あれはライブではなく、もはや立派な舞台です。
クオリティーの高さに脱帽でした。Revoさんや歌姫達、ダンサーや裏方・・・皆さん凄いですが、1番凄いのは監督なのかな。
監督がいなきゃここまでのものを作るのは難しかったと思う。

さて、1曲ずつ触れていきます。曲によって感想の長さ違いますけど全部良かったのでお気になさらず!(笑)



1.光と闇の童話

感極まって始まった瞬間に号泣しました(※泣くような曲ではありません)
メル(Revoさん)が歌い出して、もうテンション急上昇!(笑)
舞台道具のクオリティにもびっくり。この曲に限らず、メルヒェンは場面がすぐ変わるので舞台道具も目まぐるしく変わる。
スタッフの頑張りがあってこそのあの素晴らしい舞台があるんですね。

あと「何故この村には今誰もいないの~」の時のダンサーの動きが凄かったです。がたがたと動き出して、次々に床に倒れていく。
これは映像見ないと凄さ伝えられないなあ。


2.この狭い鳥籠の中で

Joelleさん歌うめええええ!!!喉からCD音源だと・・・。サビの盛り上がりに涙しました。
エリーザベトの衣装(ドレス)が繊細でとても可愛いです。
セルフ馬車には少し笑った。


3.彼女が魔女になった理由

最後にテレーゼが焼かれる演出が良かったです。
ダンサーが赤い布を振って炎に見せているのですが、CG演出も重なって本物の炎みたいでした!
ただ・・・幼少メルの子役はどうにかならなかったものか・・・w


4.宵闇の唄

ここが私の盛り上がり最高潮地点です(笑)
CG演出で七つの大罪のマークが表れ、それが勢いよく飛び出して宵闇の唄が始まるんですが…もう…興奮し過ぎて死んでしまう…殺す気なの…。3D演出だと本当に飛び出して見えるので更に盛り上がります。

「美し過ぎる屍人姫にご登場願おうか!」の後のカウントで、次々に歌姫達にスポットライトが当たり、サビで一気に舞台に照明が付く。眠るように死んだ歌姫達が並ぶ姿が一気に見えて圧巻!
この演出は私が「こうだったらいいなあ」と思っていた理想の形だったので感動しました。
「さあ、唄ってごらん」で微動だにしなかった歌姫達が合唱し出したのも鳥肌。


5.火刑の魔女

メルヒェンで1番好きな曲です!

森になったり川になったりダンサーが万能過ぎる。
というか「お化け樅の木を左へと~」のシーンで、やっぱりシスター右に曲がってたんですよね…道を間違ってしまったということなのか…。

彩乃かなみさんは元宝塚女優のようですが、演技・・・というより表情の変化が上手でした。
母について歌う時の幸せそうな顔から、「それなのに何故」で悲しい表情へと流れるように変わる。
そして「人生は数奇なもの」の歌の盛り上がりと、彼女の表情に圧巻されていつも泣いてしまいます。
1番演技が印象に残った方でした。

最後の老婆を蹴落とすシーンは個人的にもっと激しく、残酷なイメージがあったので若干演出ぬるいかな…と思いました。


6.黒き女将の宿

戦争シーンが迫力あって凄かった!ダンサーが空中で前回転して大砲を再現したり、その大砲にやられる男達の演技とか…。
私さっきからダンサー褒めてばっかりですけど本当に凄いんですよ!(笑)

そしてかまんぐ基、じまんぐ登場www館内ざわめき過ぎwww
私も吹きましたが、流石はじまんぐ。何度も舞台をこなしてるだけあって貫禄と余裕がありました。
そしてぶらん子との掛け合いが面白い!CDじゃなかなか分からなかったけど、「お客様がお待ちになってやがりますだよ」の時の心底面倒臭そうなREMIさんの顔w

そして「屍体が無いなら作ればいいじゃない!」と歌いながら次々に人を刺し殺す女将と、次々に料理を客に提供するぶらん子。
やはり2人は共犯者で、最終的にぶらん子が全ての罪を擦り付けられ、彼女は死刑になった…って感じなのでしょうか。

復讐のラストで扉の前に立つぶらん子と台詞の言い方、真っ赤に染まる舞台が恐ろしくて良かったです。


7.硝子の棺で眠る姫君

ともよちゃん・・・ともよちゃん・・・可愛いよおおおおおお!!!歌上手いよ演技も上手いよ可愛いよおおおお!!
この子何なのまじで・・・何この14歳・・・犯罪だろう・・・。

白雪姫は予想以上に小生意気でした。
狩人に追われる時もCDだと「お願い助けて(><)」って懇願してるイメージだったんですが、実際はふてぶてしかったww
優雅にドレスの汚れ払ってるし(笑)魔女との会話シーンも、髪いじりながらつまんなさげだし(笑)
白雪ちゃん可愛いよ白雪ちゃん。

そして王子キター!!!!(゜∀゜)笑
私、基本的に天の邪鬼なので人気なキャラは興味無かったり、周りの意見も参考にしないんですが…(ひねくれている)結女さん・・・ありゃあ皆惚れて帰ってくるの当たり前だわ!!w
テライケメンです本当にありがとうございました。歌い方もCDと比べると力強くてこぶし入ってて格好良かった。

ラストの白雪ちゃんのセリフが若干音楽と被って聞き取り難かったのが残念だったけど、CD以上に高笑いのタガが外れてて最高でした。


8.生と死を別つ境界の古井戸

個人的に印象が薄かった曲。もっと盛り上がりを期待してたんですが思ったより・・・。
決してクオリティーが低いわけではなく、個人の感じ方というかそういうもんです。(友達は良かったって言ってたし)
最も動きのある演技をしなくちゃいけないので、動きながら歌うCeuiさん大変だっただろうなあ。

ちーちゃんが最後チャンまみれになってたけど、もっとがっつり汚しちゃっても良かったと思いました。
そしてパペットマペット状態のメルにワロタww両手に人形抱えてるんですが、持ちにくそうで可愛かったです。


9.薔薇の塔で眠る姫君

下川みくにさんが美し過ぎてびっくりした、何だこのマッチングは・・・!!
個人的に野薔薇姫の衣装が1番素敵だと思う、可愛い。アルテローゼは予想より若かったです。もっとおばさんかと思っていた。

この曲はCG沢山使ってましたね、CDとはまた印象が違って面白かったです。
あと3D上映の時は王子と姫が、この歌でも暁光の唄でもいちゃこらいちゃこらいいぞもっとやれ状態だったんですがDVD版は2人の絡みは少なかったかな。

10.青き伯爵の城

序盤で映像が白黒加工されていて、「嗚呼そうだ、私は彼に殺されたんだった…」の辺りで一気にカラーに戻り、ドレスが赤くなる演出ナイス!
大塚さんの演技に圧巻です。3D上映の時は別の方が演じられてたのですが、こちらの方も素敵でした。

青髭が殺されるシーンで妻の顔が一瞬映るのですが、物悲しい顔をしてるんですよね。何だか切なかった。
そして復讐を誘導したメルも、複雑な表情をしていて。彼はあくまでも衝動に従って指揮をしているだけで、決して楽しかったり満足していたわけじゃなかったのかな。エリーゼだけが復讐を楽しんでいたのかと思うと、私も複雑な気持ちになる。


10.磔刑の聖女

(;_;)
もはや何も言うまい。

ラストでエリーゼが壊れていく姿が痛々しかった…。


11.暁光の唄

最後に皆が幸せそうにしてる姿に泣いた。シスターと兄妹が一緒にパン食べてたり、女将とぶらん子が何だかんだで仲良さげに客相手にしてたり。青髭の奥さんのドレスが白かったり。

そして最後に光と闇の童話が再度流れ、ループを意識したような演出で終了。エンドロールは国歌が流れてました。


以上!分かり難い感想ですみませんorz
この感動を上手く伝えられなくて悔しい。興味ある人は観てみて下さい!これを観ないのは勿体無い!

スタッフの皆さん、素晴らしい舞台をありがとうございました!
正直DVD観終わってしまってこれから何を目標に生きればいいか分からない!辛い!メルヒェン最高!




そういえば、ハンドルネームを「響乃」から「ユキダルマー」に変えました。
阿呆らしい名前ですが結構気に入ってるので(笑)よろしくお願いします。
以前からお付き合いさせて頂いてる方は、呼び易い方で呼んでもらって構いませんので!
スポンサーサイト

写真60。

Category : 写真。
ssIMGP3147.jpg

紫陽花。

紫陽花って遠目から見てると素敵なんですが、近くで見ると結構ぞっとしたりします。
花でも何でも、密集したものを見るのが恐ろしく気持ち悪いんですよね。密集恐怖症。
凸凹恐怖症とかくじら恐怖症とか他人に全く理解されないものが怖いです。くじら怖いよ!

あっ、そういえば本免試験受かりました!やったね!

写真59。

Category : 写真。


暑いですね。




2週間の自動車学校合宿を終え、仙台に戻ってきました。
学科・技能と落とすことも無く、修検も仮免試験も卒検も一発で受かりましたー!
自分でも結構優秀だと思うんですけどどうでしょうか・・・!(笑)
1日目であまりの運転の下手さにショックを受けたりしましたが、1週間もすれば慣れてくるんですね。
とにかく予定通り最短日数で戻ってこれて良かった。
後は地元で本免試験受けて合格すれば、晴れて私も初心者ドライバーです。
慣れると気の緩んだ運転をしがちですが、私はしっかりと(くどい位に)交通安全を守って、責任ある運転をしたいな。

また就職活動再開かと思うと結構気が重くなりますが、ゆっくり頑張っていこうー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。