スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥットゥルー。

Category : ゲームと日常。
またネカフェに来てます。前回言ったゲームの感想を簡単に書こうかと!
ネタバレ注意です。


ゼルダの伝説ムジュラの仮面ゼルダの伝説ムジュラの仮面
(2000/04/27)
Array

商品詳細を見る


Wiiのゲームアーカイブズ?でDLしました。
小学生の時に友達がプレイしているのを見てとても衝撃を受け、10年近く経った今も記憶に残っていて。
不気味で奇妙な世界観がツボでした。ちょっと怖いゲームって魅力的に感じます。(ホラーの意味ではなく)

不器用の代名詞とまで言われた私は勿論アクション苦手なので、しばらくは操作に戸惑いました。慣れるとまあまあ楽しい。
何より音楽が素晴らしかったです。ゴロンのララバイとか切ない。

このゲーム、システム上過去に戻ることによって町を救いますが、多分あれは同じ時間軸を移動していない気がします。
過去に戻ってもそこはもう違う時間軸。リンク自身は時間を遡ることは出来るけど、残された住人達は終末を受け入れるしかない。
住人を救おうとしつつ、その住人を何度も何度も見殺しにすることになってしまう。果たしてそれは正しいのか。
悩むところですが、だからこそラストの仮面屋のセリフ「あなたの持っているお面には幸せが詰まっている、これは実にいい幸せだ。」で救われた気がします。深い。

良いゲームでした。次は時のオカリナをやる!(※普通は先にやるべきです)


エンドネシアエンドネシア
(2001/05/31)
PlayStation2

商品詳細を見る


小学5年生の主人公が突然「エンドネシア」に飛ばされ、そこでひたすら神を探すゲーム。Vanpoolです。
シュールかつパロディ溢れるギャグが面白かったです。こういう所は相変わらずのラブデリックですね。

初めは、操作性の悪さと縛られるシステムにうんざりしてましたが、慣れればどうってことないんだぜ。
それ以上に神探しの難易度が高い。探すだけならまだしもあの難易度鬼畜のミニゲームが辛かった。
何時間かけてもクリア出来なくて。どっちも妹にやってもらいました妹マジすげえ。
サソリレースとかもう一生やらねぇ・・・マジで・・・トラウマレベル・・・。

神探しもですが、その中で必要となってくる住人とのイベントが良かったです。ロジャーとダンのイベントとか特に。
それからTRUEエンドの住人達の現代での姿でぐっと来ました。マサノフ・・・うわああ。

達成感もあり、満足出来たゲームでした。
しかしあのゲーム内の神の定義がよく分からない。新人とかもう何の神かすら謎www


アルティメット ヒッツ クロノ・クロスアルティメット ヒッツ クロノ・クロス
(2006/07/20)
PlayStation

商品詳細を見る


言わずと知れたクロノトリガーの続編。
トリガーファンでクロスを叩く人は多いです。「トリガーファンとクロスファンは相成れない」なんて言う位ですし、例のトリガーDS版に追加されたEDも当時文句凄かったし。
それはまあ、トリガーで築き上げた歴史を崩してかかるようなシナリオだったからショックなんでしょうね。
発売当時にやってたら私もショックだった、きっと。
けれど暗いシナリオ好きな私としてはああいう続編の形はとても好感持てました。皮肉な感じがたまらない。
EDの実写サラが現代に居る理由は「貴方にも、貴方を待っている人がいるよ」という意味だそうで。そうやって、最後にプレイヤーにも語りかけてくれる感じが斬新で好きです。

グラフィックも音楽もシナリオも高品質で文句無し!でもキャラクター40人は流石に多過ぎたかな・・・(笑)

キャプテン★レインボーキャプテン★レインボー
(2008/08/28)
Nintendo Wii

商品詳細を見る


先日、地震(震度4~5)の最中クリアしました(笑)
過去に発売された任天堂作品の懐かしいキャラクター達も登場する、ヒーローアクションゲーム。Vanpoolです。

Vanpool(ラブデリック系)ということで期待してたんですが、まあ・・・普通だったかな。
島民達の願いを叶える為に奮闘するのですが、結構淡々としていたかも。もう少し掘り下げてほしかった。
地味に下品なギャグが多かったのもちょっと・・・。
Vanpoolだからある程度は平気ですけど、今回は少し露骨だったかも。笑って許せる範囲ですが、私が下ネタ苦手なので。

アメリカンヒーロー的なノリは好きでした。あと段々と増幅していくシャドウの描写も良かったかな!
キャラクターはなかなか好きになれないキャラと好きになるキャラがはっきりと分かれた。
ヒカリちゃんやファミコン兵士、とっても可愛い!逆にトレイシーとかキャサリン苦手だった、嫌いじゃないけど(笑)
でも、大好きなギフトピアのマッポが登場していて嬉しかったです。

あとEDテーマが結構好きw




長いですね、まあ自己満足なので(笑)しかし自分の文章能力の無さに嫌気が刺す!

そういえば今更マクロスF全話見たんですが、とんでもなくつまらなかった・・・。(好きな人ごめんなさい)
アルトに一切好感が持てなかったのも原因の1つですが、こう、シーンが唐突に始まって唐突に終わるような。
上手く言えないんんですが、終始つっこみ入れて見てました。人物の作画酷いし。
例のミシェルの回位しか記憶に残っていない・・・あの回すらも少し急に感じた。ぶっちゃけ死なせた意味もそんな無かったような・・・。

歌とキャラが魅力なのか・・・正直何で人気だったのか分からなかったです。
きっとマクロスって作品自体が私に合わないんだろうな、三角関係とか苦手だし(^^;)
クランが可愛かった、それが全てだ。
スポンサーサイト

写真54。

Category : 写真。
s-虹を食べたアイリス

「虹を食べたアイリス」


アイリス・イン・ザ・ダーク
一人きり 孤独な運命
扉を叩く音は強く鳴り響いていく
アイリス・イン・ザ・ダーク

黒い海に白い太陽 虹を盗んだ少女が居て
綺麗なまま 腐らせぬよう その日のうちに 切り分けて食べた

それから世界は色を失う ただ1人の泥棒を除いて
視線が怖くて外に出れなくて 次第に後悔に震えている
鍵を掛けて封鎖してバリケード

"色を返せ"叫ぶ群衆

アイリス・イン・ザ・ダーク
一人きり 孤独な運命
扉を叩く音は強く鳴り響いていく
アイリス・イン・ザ・ダーク

アイリス・イン・ザ・ダーク
一人きり 孤独な運命
扉を叩く音は強く鳴り響いていく
手にしたナイフ・・・

アイリス・イン・ザ・ダーク
一人きり 自分を深くただ
切り裂いてく 赤く染まる 崩れ落ちてく


作詞 金井政人
作曲 BIGMAMA
唄 BIGMAMA



→続きを読む

バルーントリップ。

Category : 雑記。
こんにちは!お久しぶりです。
家でネットが使えないのでブログが更新出来ない\(^o^)/
というわけで今、ネカフェに来てます。というかこのネカフェ安い、2時間で500円位だと・・・このまま通い詰めしてしまいそう。


とりあえず電気水道ガスが3月中に全部使えるようになって、通常の生活に戻れてきた感じです。
ただ報告?することが。

3月から働き始めた子供写真館なんですが、震災の影響でトライアル雇用中(試し期間のようなもの)の社員は解雇ということになりました。
つまり私もクビってことですね。
働いて5日目で地震→解雇ってことで少なからずショック(というかむしろ怒り)が強かったのですが。
正直な話、結構ずさんな会社でしたので早いうちにぱっと辞められて良かったのかもと思ってます。
今はハローワークと新卒応援の派遣会社に登録して仕事探してます。
元々やりたかったデザインとか広告のお仕事もちらほらあるので、近いうちに面接してみます。
不安ばっかりだし追い詰められてるような感覚で嫌になりますが、前向きに頑張って行こうかと!
同じく、震災の影響で内定取り消しになった人も多いようなので・・・。もし私のブログ見てる人でそんな方がいたら一緒に頑張りましょうね!

無事就職出来たらまたご報告します。




ブログ放置してる間に色んなゲームクリアして、感想溜まってるー。
とりあえずクリアしたものは以下。

・ゼルダの伝説 ムジュラの仮面
・クロノクロス
・エンドネシア
・いろづきチンクルの恋のバルーントリップ

これだけで私のゲームの趣向が分かりますね・・(笑)どれもなかなか面白かったです。
特に昨日クリアしたチンクル。ほんっとうに良いゲームだった!
軽く感想書きます。例によってネタバレ注意。


いろづきチンクルの恋のバルーントリップいろづきチンクルの恋のバルーントリップ
(2009/08/06)
Nintendo DS

商品詳細を見る


好きなゲーム会社「Vanpool」のゲームということと、700円位で売られてたのを理由に購入。
ゲームの序盤は、予想以上に気持ち悪い個性的なおっさんチンクルに戸惑っていたのですが、次第に引き込まれてしまったー。
Vanpoolお馴染みのパロディやジョークが多々ありながら、愉快であたたかな物語。
この会社(俗にいうmoon系)じゃなきゃこういうゲームは作れないよなあーと思います。

ゲームの大きな魅力は、世界観が「オズの魔法使い」になぞられているという点。
次々と旅の仲間になっていくカカシ、ブリキ、ライオンが本当に可愛い!
カカシが和ませ役で本当可愛いんだー。ライオンも良いお兄さん(おじさん?)って感じで。
ブリキは”心が無い”って設定を上手く利用した役柄だし。
オズを知っていれば何となく物語の運びは察しがつくんですけど、それでも終盤のイベントは泣いてしまいました。
チャプター名の「やさしいライオン」「最後の学習」「ぼく、わかったよ!」見ただけで涙腺緩んだw
旅の仲間達が大好きだったのでゲーム終わらせるのがちょっと寂しかったなあ。

オズの世界観ですが、あくまでゲームのテーマは「脱・彼女いない暦=年齢」。
アイテムで女性をおとしていくのも楽しかった(笑)物だけで釣られていいんかい!ってツッコミましたがw
やり込み要素もぼちぼちあって、久々に純粋に楽しかったゲームですね。すっかりハマってしまった。

多分何処でも安く売ってると思うので、この会社系のゲーム好きな人はぜひやってみてほしいです!
損はしない!絶対!




あんまり長いのもアレなので、今回はこのへんで。また次の機会に他のゲームの感想書けたらいいなー。
どうでもいいんですけどハンドルネーム変えたい・・・何かこの歳になってこの名前が恥ずかしくなってきたorz笑
今ここ以外は「ユキダルマー」で統一してるんで統一したい・・・けど・・・今の名前で呼んでくれる人もいるから、変えるのも寂しいような!
ユキダルマーは、特撮の「戦え!ヌイグルマー」から取ってるんですけど、「ふざけてんの?」ってよく言われます。
ふざけてます。


追記に拍手返信です。

→続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。