スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歪んだ王国。

Category : 音楽と日常。
こんばんは。相変わらず生活リズムが滅茶苦茶な私の余裕の朝4時更新です。
書きたいことがあったので、オタクとの死闘のカラオケオフ会の話はまた後日書くことにします。

バイトはそこそこ結構に苦痛で、良いストレスになってます!最近の口癖は安定の「死にたい・・・」です!
接客、というかそもそも仕事自体に不満は無いのですが、自分の駄目さ具合と人間関係が面倒臭くて。
元々かなりドジ(※この場合のドジとは、ドジっ子という生易しいレベルではなく人に危害を加えるレベル)なのでしょうもないミスの繰り返し。
ミスは少しずつ減ってはいますが、派遣の仕事で若干自信がついてたせいもあって、凹むには十分な1ヶ月でした。
私はその場で選択を求められたり、即座に脳を動かすのが苦手な人間です。思ってることを言葉にするのも凄く苦手。
だからゆっくり考えて答えを出したり、文章にして気持ちを表したりするのが自分に合ったペースなのですが・・・
特にこういうお仕事は、時間に追われてその場の判断の連続なので、自分に合ってなかったんだなあとショックでした。
周りの従業員も、皆さん良い人なんですけれど・・・こう、自分とは合わないタイプで。上手く喋れなくていまいち人間関係も築けず^^;
私自身、職場だと無意識に猫を被って、かなりのキャラ変がされているので、実際の自分とのギャップに悩んだりとか・・w

辞めようかとも思いますが、今更辞めるわけにもなあ・・・って感じです。辞めるのは負けた気がしてプライドが許さないし。
よく考えればコンビニで初めて働いた時もミスばかりしたけど、最終的に成長出来たし、もう少し頑張ってみます。
マイナスなことばかり書きましたが、たまにお客さんに「お姉ちゃんはきはきしてるね!」だとか「笑顔が素敵だね」って言ってもらえることもあって、お客さんへの印象自体は悪くないのかなと思っています。
何週間か前50~60代のおじさんに、慣れない手つきで日本酒をもっきりで注いでいたのですが(笑)
その時に「淡々と酒を注ぐ人も多いけど、ぎこちなくてもこうやって一生懸命注いでくれる方が、年とった人間としては嬉しく感じるんだよね」って言って下さって。嬉しくてちょっと泣きそうになりました(笑)
頑張ってる姿を認めてくれる人もいるんだなあ。
ミスを減らせるように努力して、今の私への評価を挽回したいです。見返したい!
あと、今は余裕なくて朝寝て午後起きてバイト行っての繰り返しで何かをする気になれなかったりします。
おかげでやりたい市販ゲームもフリーゲームも読みたい漫画も積み放題・・・早く余裕作れるようにしたいなあ。
音楽だけは変わらず聴くんですけども。





歪んだ王国歪んだ王国
(2011/09/14)
谷山浩子

商品詳細を見る


先日、新しいバイト先での初給料が入ったので谷山浩子さんの「歪んだ王国」を買いました。
ここ最近谷山浩子さんの歌をよく聴くようになって、すっかりはまってしまいました。
不思議で暗い童話のような、独特の雰囲気がとても素敵。
歪んだ王国で特に好きなのは「Elfin」です。(動画のコメントが結構幼稚で残念なので、コメント消して聴いてほしいです)
谷山さんの、いわゆる「怖い曲」「子供が聴いたらトラウマになりそうな曲」って特に魅力を感じます。




そんな谷山浩子さんの歌の中で、今のところ1番好きなのはこの「船」です。
最後の歌詞で歌の意味を悟り、胸が締め付けられて泣きたくなります。

これはもう、この曲が収録されている「たんぽぽサラダ」を買うしかないな!と思ったのですが、
CDだとこの曲の次に例のこれが来るんですよね・・・。
う、ううーん・・・デンジャラス!今のところたんぽぽサラダはとりあえず保留にしておきました!!^^
谷山さんのマジキチソングはレベルが高いですね!私は未だに解せぬ。




谷山さんの世界観は、自分の創作作品に求めるものの全てが詰まってるような気がします。こんな音楽のような写真を撮りたい!
自分の写真(作品)って、音楽で例えるなら静かなピアノソロとか、アンビエントかな?と思っていて、
実際そういうものを目指していたのですが、新たな目標?指針?が見えた!かもしれません。

谷山浩子さんは10代のうちにアーティストとしてデビューしていて、現在55歳。今も尚活動を続けています。
そういう生き方って本当素敵だなあ・・・と思います。憧れてしまう。(谷山さんに限らずアーティスト全般)
勿論、その生き方故の苦労は絶対にあるし、私には分からないような辛い経験も沢山持ってるのだろうなとは思いますが。
そもそも明るく楽しいだけで生きていたらこういう音楽生まれてきませんよね(笑)
ここ毎日バイトで凹むフリーターの私は、最近よくそんなこと考えてます。

今月の給料が入ったら、不思議の国のアリスをイメージしたアルバム「月光シアター」を買うつもりです!
余談ですが、レンタルショップで借りた谷山さんの「Memories」というアルバムも、とっても素敵でした。
ライブ音源ということで借りる時少し不安だったんですが、音質も良いし何よりDick1の選曲が素晴らしい。
またもや、これはもう買うしかないな!と思ったのですが、今出てる復刻版のCDだと若干曲数も順番も違うんですよね・・・。
大好きな「ガラスの巨人」が入ってないって・・・何でやねん・・・何でやねん・・・(大事なことなのでry)
旧盤は結構値段も張るし、買うか迷います('・c_・` ;)


こんな時間に甘いシュークリーム食べたらちょっと気持ち悪くなった・・・寝よう・・・。
スポンサーサイト

第一次領土復興遠征-凱旋公演-の個人的感想。

Category : 音楽と日常。
Sound Horizonの第一次領土復興遠征-凱旋公演-に行ってきたのでその感想を書きます。

ですが、以下の文章はいわゆる「SHK国民」には不快な内容を含みますので
見たくない方は見ないで下さいね。気分を害されても責任が取れませんので・・・すみません。






サンホラの仙台公演に行ってきました。
サンホラのライブは通常チケット代がとても高いので、地元に来る!と言われてもなかなか行く決心がつかず。
今回、Revoさんやスタッフの計らいでチケット代無料ということだったのでとても嬉しく、わくわくしながらハガキを出し無事当選しました。

しかしまあ、私は正直どうしてもサンホラー、いわゆる「国民」って好きになれないんですよね。
元々設定とか痛くて苦手だし、掲示板やmixiのコミュニティなんか見ると国民の皆さんは「陛下陛下」とRevoさんを本気で崇めてるし。アイタタタ・・・。(別にいいんですけども)
私はSound Horizonの音楽もストーリーライブも出演者の皆さんもとても好きですが、他の皆さんのようにRevoさんを陛下と呼びたくはないし、あくまでファンです。一ファンであり非国民です。
だからと言ってファンである以上ライブに行ってはいけないって訳ではありませんし。実際に音楽や歌声聴いてみたいですから。
更に私は普段邦楽ロックバンドのライブにしか行かないので、おそらくサンホラのライブはとても異色。ファン(国民)も異色。
前途多難と言いますが、「多分不快に感じる時も何回かありそうだな・・・」位の心持ちで臨みました。


当日。
とりあえず物販に早めに並ぼうということで(一応グッズは見てみたい)12時半にZepp前に友達と集合。着いた頃には既に行列が出来ていました。すげー・・・あと30分以上あるのに・・・。
客層は分かりやすく、私達みたいな普通な人、V系・ゴスロリファッションの人、オタクっぽい人って感じでしたね。何とも異様な光景(笑)
この時点で若干引きつつもまあ予想通りなので、友達と列に並びました。結局グッズは目ぼしいものはなく(パスポートとかいらないし)ヘアピンセットだけ買いました。(ピンはデザインが結構可愛くて普段でも付けれそう)
一緒にいた友達は生粋のSHK国民なので一万円近く買い物してましたが、まあ何も突っ込まんよ。

ここで友達のスペックを紹介しておくと、サンホラ大好きな国民。信者。正直引くレベルだけど、とりあえず頷いて話は合わせている。仲自体はとても良い友達です。

物販後はしばらく暇なので、食事したりタワレコ行ったり暇潰してました。で、16時頃にZepp前に戻ってきました。
人多い。1500人位かな?友達は800番で私は1000番台だったので一旦別れ、整列を始める。
この辺から突っ込み所が多々出てくるんですが(笑)ロキノンンライブだと並ぶ時周りの人に番号聞いて、何となくそれっぽい場所に並んで、自分より早い番号の人が来たら何となく譲って・・・って感じじゃないですか。
あまりに細かい番号は気にしないイメージ。サンホラもそんな感じだろうなって思ってたのですが・・・大体皆が何となく並んでいたところ、前方から「956番の方!957番の方!」と大きな声が・・・。
見てみるとライブ参加者の1人である女性が、自ら率先して列の整列をしていました。いやこう書くと凄く良い行いに見えるんですけど(笑)未だかつてない体験だったので個人的にドン引き。
そこまで細かく整列するんですか・・・そもそもそんなドヤ顔で整列指示してる貴方は誰なんですか。(妹に言ったら「委員長乙wwwwwww」って言ってたw)
何といいますか、ボランティアというより風紀委員。皆の為というより「陛下」や「SHK」の為。いやいいんですけどね・・・良い行為だと思いますし・・・私1人が引いただけなんで・・・。
そういえば並んでる時、雪白姫とぶらん子のコスプレしてる女の子達がいました。公共の場でコスプレするのは良くないと思うので良い印象は受けず。(友達はコス好きなのできゃーきゃーしてた)
でもmixiのコミュ見たら、サンホラライブ的にもコスプレはアウトらしく結構叩かれてました。本人も悪気は無くすっかり落ち込んでいてちょっと可哀相だったかな。優しく注意すればいいのに。

そんな感じで入場です。ここまではまだ良いんです、本当のドン引きはここからだったのです。
1000番台なので勿論ほぼ後方に立つ。正直この番号じゃ出演者の顔はほとんど見えなかったので残念でした・・・。でも無料ですから入場出来ただけラッキーですし、私と同じような人沢山居ましたからね。文句は言わないです。
がやがやした中で待っていると会場が暗くなり、Revoさんのアナウンスが入る。
その途端に「キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!」と凄まじい歓声。
思わず私ポカーン(゜Д゜)状態。いやでもこれから始まると考えるとわくわくしますからね。私も気持ちはwktkでしたよ。そんな黄色い声で叫びはしないけどな。
実は一旦Revoさんの会場説明があり、また5分程間があり、ライブが始まったのですがその間は割愛します。とりあえずRevoさんの言葉に激しく一喜一憂する国民の皆さんが非常に印象的でした(棒読み)
Revoさんがベガルタの応援歌歌っててワロタ。


【セットリスト】

1.Revive
2.宵闇の唄
3.TNG
4.海を渡った征服者達
5.即ち・・・光をも逃さぬ暗黒の超重力(Short)
-今回のツアーの恒例らしい王様君と領復君?の話-
6.朝と夜の物語
7.キミが生まれてくる世界
8.<ハジマリ>のクロニクル
-メンバー紹介-
9.終端の王と異世界の騎士
10.澪音の世界
-国歌-
-遺言(アカペラ1コーラス)-
11.Revive


ライブ内容については軽くしか触れません、見たい方は他のサンホラーの皆さんが詳しいやつ上げてると思うので・・・(それより客について語りたいw)
宵闇の唄始まった時は、やっぱり興奮しましたね。ともよちゃんの代わりに霜月さんが雪白姫枠でした。
正直言うとライブ限定曲が多くて、他の曲が聞きたかった私は少し残念でした。ランキング上位曲だから仕方が無いのだけどね!メルヒェンとかエリュシオン聴きたかったなあ。

とまあ、色々考えつつ私も全力で楽しめる部分は楽しもうと考えていたわけですよ。しかし流石国民、私はSHK国民の皆さんをなめきっていたようです。
サンホラライブは、会場全体での合唱パートがあるのですが、合唱する時は事前に合図が出ます。それに合わせて皆で歌う感じ。
なのにどうしてかな。どうして隣から常に歌声が聴こえてくるのかな。
隣にいらっしゃる方は、ライブ始まる前からの様子を伺う限り、どうやら関東から来たようで、ライブの常連。言わば玄人。
あのね・・・私は歌手の歌を聴きにきたわけで・・・貴方の歌声を聞きたいわけじゃないのよ・・・何で合唱パート以外も普通に歌ってるの。
お前のカラオケ大会じゃねぇんだよ、そもそも滅茶苦茶音痴なんだけどwww
隣の玄人に困惑しつつ、果てしなく向こうにいる歌姫の皆さんに集中しよう、聴こえないならせめて見ようと前に集中すると!
ライブ前にはいなかったはずのピザ男が私の視界を遮っているwwwwwwそこのピザ男さん、前にいた女の子どうしました?彼女どこ行きました?
私が右にずれると右へ、首を左に動かせば左へ、・・・・こいつ・・・出来る!!その巨体、完全に邪魔です本当にありがとうございました。
何だかどっと疲れてきましたが私は耐える。せっかくのライブ!楽しみたい!!

そんな時、何曲か歌い終わったのでMCへ突入。
Revoさんは今回の序盤セトリに触れ、「ほとんど僕が歌ってる曲じゃないか!(笑)」と談笑。私もはははと笑おうとした所、その声は後ろから聞こえた。

「だって、陛下のことが好きだからーーーーーーっっっっっっっっ!!!!!!!!!!!」
耳を突き刺すような凄まじい女性声。完全に語尾にハートが付いていました。
声はそうですね・・・自称ネット声優が全力で(気色の悪い)可愛い声を大声で出したと感じてもらえれば大丈夫です。
この女性、その後もことあるごとに何か奇声を発したり、仕舞いには嗚咽を漏らして大号泣しておられました。ううーん、色々スゴイ!!
これまで耐え忍んできた私の心も、この瞬間ぽきりと折れました。私は弱い人間です、この程度の国民の力に屈してしまうとは。まだまだ修行が足りません。
ちなみに私、この人の声真似滅茶苦茶上手いです。実際にお聞かせ出来ないのが非常に残念です。


この時の私の図

       ●←ピザ
普通→● 〇 ●←玄人
  痛女→●

・・・もう帰りたい・・・( ´^∀^`)
曲の振り付けなども”全員参加”がサンホラライブの常識らしいですが、私は振り付けとかそういうの苦手なので、体だけリズム取ってる状態。
他の人から見ればうざかったのかもしれませんけど、振りを強要されるってのも何だかなあと思うし。

あれよあれよと時間が経ち、気付けば終盤。メンバー紹介では出演者の皆さんが二言三言喋られてました。
というかREMIさんって凄くおっとりされた方なんですね。メルヒェンの役が役だったので(笑)とても意外でした。ちょっと不思議ちゃんで可愛いw
霜月さんの喋ってる姿も初めて見れて嬉しかったです。ピザの鉄壁でほとんど見えなかったがな。出演者の方々は皆さんとても素敵でした。
メンバー紹介後に、歌姫全員が歌う「終端の王と異世界の騎士」は圧巻。
「どんなに強い風でも~」で全員がハモっていて思わず泣きそうに。これが聴けたから、まあ来て良かったかな・・・ライブ・・・って思う位良かったです、はい。
澪音の世界も全員で歌ってました。澪音の世界の合唱は今回が初めてだったようですね。私は原曲のあらまりさん1人で歌うバージョンの方が好きかなあと思いましたが。
で、最後に国歌斉唱(笑)←何故か(笑)を付けたくなる。
やっと終わりか・・・と正直早く終わることすら望んでいた私。そんな私にRevoさんは最後の追い討ちをかける!

Revo「出演者、観客、全員で手を繋ぎます!」



(゚д゚ )


(つд⊂)



( ゚д゚ )



隣をちらっと見ると、そこにいるのは全力合唱国民・玄人・・・。


繋ぎたくねぇ・・・滅茶苦茶繋ぎたくねぇ・・・。
Revoさんが「潔癖症の人いたらごめんね」って言ってるけどごめん私潔癖症なんだ・・・ぶっちゃけ知らない人と手繋ぐのもうおおお・・・でも流石に繋がないわけにはいかないし・・・。
とりあえず左隣の女性と顔を見合わせ、おずおずと手を繋ぐ。お互い会釈してちょっと愛想笑い浮かべる感じ。「あっ、丁寧で良い人だなあ」と少し嬉しくなりました。
その数秒で心が洗われた私は「よし、右隣の人も同じ音楽が好きな同志じゃないか!笑顔で手を繋ごう!」と右の女性へと振り返り、最高の笑顔を向けようとしました。その直後、
がっと右腕が何かに持っていかれる感覚。

「!?」

突然の出来事に状況が飲み込めない私、おそるおそる右隣を見ると・・・玄人がドヤ顔で私の腕をぶん取っていました。


Revo「じゃあ手を上に上げてー!」

ぶんっ

Revo「「ありがとうございましたー!!」」

がっ


ライブが終了し、私は一目散に外に逃げました(ドリンクはしっかり頂いたがな)

しかも去り際に、うるさかった痛女の顔見てやろうと後ろ振り返ったら、凄く地味な女性でした・・・。もっと派手なゴスロリファッションの女の子みたいなの想像してたんですが・・・お前・・・その顔でどっからさっきの声出したん・・・。

ちなみに終盤付近でサンホラのロゴ入りの金テープが降ってきて、私もちゃっかり貰って帰ってきたのですが、
帰りの入り口付近で、数名の女性が「テープ貰ってない方!欲しい方!」と配っておられました。
いやはやその善行為、足を向けて寝れませんね。ご苦労様です。どこの風紀委員ですか?
行為自体は本当に良いことだと思うんですけど・・・喋り方とか、表情とか凄く硬くて、やっぱり”誰かに何かをしてあげよう”というより”SHKの為に(キリッ)”みたいな印象に取れてしまうんですよね。
貴方達は国の兵士か何かなんですか・・・本当ご苦労様です・・・。


多分、もう2度とサンホラに行くことはないでしょう。今回、無料で本当に良かったです。7000円近く払ってこれだったら立ち直れません、私。
無料にしてくれてありがとうRevoさん、本当にありがとう。
もっと凄いと思ったのは、mixiのコミュニティを見る限り皆さんとても満足されていて、感動されていて、中には泣きながら帰宅された方もいて。それが1番驚きました・・・。私みたいな感覚の人、本当にいないんだ・・・。
もはや宗教と化している気がします。まあコアなアーティストってそんなもんですけど。


これ見て不快に思った方には申し訳ないですが、こういう人もいたんだよって思ってもらえれば幸いです・・・。
音楽は本当に好きなんだけどなあ、はあ・・・(笑)
次回はオタク男3人VS一般女子(自称)の戦いの記録でも書こうと思います。お楽しみに!!!^^^^


こんな記事の後で申し訳ないですが(笑)追記に拍手お返事しています!

→続きを読む

メルコンDVD。

Category : 音楽と日常。
【7th Story Concert “M醇Brchen”~ キミが今笑っている、眩いその時代に・・・ ~】LIVE DVD【7th Story Concert “M醇Brchen”~ キミが今笑っている、眩いその時代に・・・ ~】LIVE DVD
(2011/07/27)
Sound Horizon

商品詳細を見る


待ちに待ったメルコンDVDを買って観ました。
mixiに3D上映の時の感想は書いたのですが、こちらにDVDと上映会を織り交ぜた感想も書いておきます。
長くなる上に主観的な文なので興味ある人だけどうぞー。


詳しく書いていくと書き終われないので端的に書きますが、素晴らしいの一言でした!
サンホラってやっぱり音楽アーティスト集団ですから、舞台に荒があっても仕方無いよなって思ってて。
期待外れも覚悟してたんですが…荒なんてとんでもない!完成された演奏・歌唱・演出・ダンス。あれはライブではなく、もはや立派な舞台です。
クオリティーの高さに脱帽でした。Revoさんや歌姫達、ダンサーや裏方・・・皆さん凄いですが、1番凄いのは監督なのかな。
監督がいなきゃここまでのものを作るのは難しかったと思う。

さて、1曲ずつ触れていきます。曲によって感想の長さ違いますけど全部良かったのでお気になさらず!(笑)



1.光と闇の童話

感極まって始まった瞬間に号泣しました(※泣くような曲ではありません)
メル(Revoさん)が歌い出して、もうテンション急上昇!(笑)
舞台道具のクオリティにもびっくり。この曲に限らず、メルヒェンは場面がすぐ変わるので舞台道具も目まぐるしく変わる。
スタッフの頑張りがあってこそのあの素晴らしい舞台があるんですね。

あと「何故この村には今誰もいないの~」の時のダンサーの動きが凄かったです。がたがたと動き出して、次々に床に倒れていく。
これは映像見ないと凄さ伝えられないなあ。


2.この狭い鳥籠の中で

Joelleさん歌うめええええ!!!喉からCD音源だと・・・。サビの盛り上がりに涙しました。
エリーザベトの衣装(ドレス)が繊細でとても可愛いです。
セルフ馬車には少し笑った。


3.彼女が魔女になった理由

最後にテレーゼが焼かれる演出が良かったです。
ダンサーが赤い布を振って炎に見せているのですが、CG演出も重なって本物の炎みたいでした!
ただ・・・幼少メルの子役はどうにかならなかったものか・・・w


4.宵闇の唄

ここが私の盛り上がり最高潮地点です(笑)
CG演出で七つの大罪のマークが表れ、それが勢いよく飛び出して宵闇の唄が始まるんですが…もう…興奮し過ぎて死んでしまう…殺す気なの…。3D演出だと本当に飛び出して見えるので更に盛り上がります。

「美し過ぎる屍人姫にご登場願おうか!」の後のカウントで、次々に歌姫達にスポットライトが当たり、サビで一気に舞台に照明が付く。眠るように死んだ歌姫達が並ぶ姿が一気に見えて圧巻!
この演出は私が「こうだったらいいなあ」と思っていた理想の形だったので感動しました。
「さあ、唄ってごらん」で微動だにしなかった歌姫達が合唱し出したのも鳥肌。


5.火刑の魔女

メルヒェンで1番好きな曲です!

森になったり川になったりダンサーが万能過ぎる。
というか「お化け樅の木を左へと~」のシーンで、やっぱりシスター右に曲がってたんですよね…道を間違ってしまったということなのか…。

彩乃かなみさんは元宝塚女優のようですが、演技・・・というより表情の変化が上手でした。
母について歌う時の幸せそうな顔から、「それなのに何故」で悲しい表情へと流れるように変わる。
そして「人生は数奇なもの」の歌の盛り上がりと、彼女の表情に圧巻されていつも泣いてしまいます。
1番演技が印象に残った方でした。

最後の老婆を蹴落とすシーンは個人的にもっと激しく、残酷なイメージがあったので若干演出ぬるいかな…と思いました。


6.黒き女将の宿

戦争シーンが迫力あって凄かった!ダンサーが空中で前回転して大砲を再現したり、その大砲にやられる男達の演技とか…。
私さっきからダンサー褒めてばっかりですけど本当に凄いんですよ!(笑)

そしてかまんぐ基、じまんぐ登場www館内ざわめき過ぎwww
私も吹きましたが、流石はじまんぐ。何度も舞台をこなしてるだけあって貫禄と余裕がありました。
そしてぶらん子との掛け合いが面白い!CDじゃなかなか分からなかったけど、「お客様がお待ちになってやがりますだよ」の時の心底面倒臭そうなREMIさんの顔w

そして「屍体が無いなら作ればいいじゃない!」と歌いながら次々に人を刺し殺す女将と、次々に料理を客に提供するぶらん子。
やはり2人は共犯者で、最終的にぶらん子が全ての罪を擦り付けられ、彼女は死刑になった…って感じなのでしょうか。

復讐のラストで扉の前に立つぶらん子と台詞の言い方、真っ赤に染まる舞台が恐ろしくて良かったです。


7.硝子の棺で眠る姫君

ともよちゃん・・・ともよちゃん・・・可愛いよおおおおおお!!!歌上手いよ演技も上手いよ可愛いよおおおお!!
この子何なのまじで・・・何この14歳・・・犯罪だろう・・・。

白雪姫は予想以上に小生意気でした。
狩人に追われる時もCDだと「お願い助けて(><)」って懇願してるイメージだったんですが、実際はふてぶてしかったww
優雅にドレスの汚れ払ってるし(笑)魔女との会話シーンも、髪いじりながらつまんなさげだし(笑)
白雪ちゃん可愛いよ白雪ちゃん。

そして王子キター!!!!(゜∀゜)笑
私、基本的に天の邪鬼なので人気なキャラは興味無かったり、周りの意見も参考にしないんですが…(ひねくれている)結女さん・・・ありゃあ皆惚れて帰ってくるの当たり前だわ!!w
テライケメンです本当にありがとうございました。歌い方もCDと比べると力強くてこぶし入ってて格好良かった。

ラストの白雪ちゃんのセリフが若干音楽と被って聞き取り難かったのが残念だったけど、CD以上に高笑いのタガが外れてて最高でした。


8.生と死を別つ境界の古井戸

個人的に印象が薄かった曲。もっと盛り上がりを期待してたんですが思ったより・・・。
決してクオリティーが低いわけではなく、個人の感じ方というかそういうもんです。(友達は良かったって言ってたし)
最も動きのある演技をしなくちゃいけないので、動きながら歌うCeuiさん大変だっただろうなあ。

ちーちゃんが最後チャンまみれになってたけど、もっとがっつり汚しちゃっても良かったと思いました。
そしてパペットマペット状態のメルにワロタww両手に人形抱えてるんですが、持ちにくそうで可愛かったです。


9.薔薇の塔で眠る姫君

下川みくにさんが美し過ぎてびっくりした、何だこのマッチングは・・・!!
個人的に野薔薇姫の衣装が1番素敵だと思う、可愛い。アルテローゼは予想より若かったです。もっとおばさんかと思っていた。

この曲はCG沢山使ってましたね、CDとはまた印象が違って面白かったです。
あと3D上映の時は王子と姫が、この歌でも暁光の唄でもいちゃこらいちゃこらいいぞもっとやれ状態だったんですがDVD版は2人の絡みは少なかったかな。

10.青き伯爵の城

序盤で映像が白黒加工されていて、「嗚呼そうだ、私は彼に殺されたんだった…」の辺りで一気にカラーに戻り、ドレスが赤くなる演出ナイス!
大塚さんの演技に圧巻です。3D上映の時は別の方が演じられてたのですが、こちらの方も素敵でした。

青髭が殺されるシーンで妻の顔が一瞬映るのですが、物悲しい顔をしてるんですよね。何だか切なかった。
そして復讐を誘導したメルも、複雑な表情をしていて。彼はあくまでも衝動に従って指揮をしているだけで、決して楽しかったり満足していたわけじゃなかったのかな。エリーゼだけが復讐を楽しんでいたのかと思うと、私も複雑な気持ちになる。


10.磔刑の聖女

(;_;)
もはや何も言うまい。

ラストでエリーゼが壊れていく姿が痛々しかった…。


11.暁光の唄

最後に皆が幸せそうにしてる姿に泣いた。シスターと兄妹が一緒にパン食べてたり、女将とぶらん子が何だかんだで仲良さげに客相手にしてたり。青髭の奥さんのドレスが白かったり。

そして最後に光と闇の童話が再度流れ、ループを意識したような演出で終了。エンドロールは国歌が流れてました。


以上!分かり難い感想ですみませんorz
この感動を上手く伝えられなくて悔しい。興味ある人は観てみて下さい!これを観ないのは勿体無い!

スタッフの皆さん、素晴らしい舞台をありがとうございました!
正直DVD観終わってしまってこれから何を目標に生きればいいか分からない!辛い!メルヒェン最高!




そういえば、ハンドルネームを「響乃」から「ユキダルマー」に変えました。
阿呆らしい名前ですが結構気に入ってるので(笑)よろしくお願いします。
以前からお付き合いさせて頂いてる方は、呼び易い方で呼んでもらって構いませんので!

最近の朝の挨拶はグーテンモルゲンです。

Category : 音楽と日常。
Märchenについての考察、というよりネタバレ話を。
以下注意。






前回さらっと聴いてから感想を書いたのですが、しばらく聴いてから印象ががらりと変わりました。
全然、単純じゃない・・・!!もっとシンプルというか、歌の意味をそのまま受け入れていたのですが、うわーうわー。

各物語のヒロイン達は、己の大罪を隠すために嘘を吐いている。
”物語の策者は 作為的な嘘で 錯落なる幻想を紡ぐ”、・・・ひいいいい!!!(笑)

ずっとエリーゼの言ってる”お馬鹿さんの復讐を手伝うことこそ、私達の復讐”の”お馬鹿さん”が気になってたんですよね。
それぞれ誰かの所為で死んだはずなのに、それをお馬鹿さんと言うだろうか?
最初は「そんなことで死んじゃってお馬鹿さんね」みたいな意味で捉えてたんですが、
もしかして「大罪を背負ってるくせにそれを隠して、更に復讐をしようなんて考えを持つ馬鹿な小娘達」的な意味で言ってるのかなあなんて思ったり。

白雪姫は原作だととても淫乱な娘だそうなので、彼女が隠した罪は「色欲」なのかなと思いますが、
「月日を重ね娘になった」のフレーズと同じタイミングで「父に犯され娘になった」と言っているように聞こえる~という意見を考察掲示板で見て、実際聴いてみたら本当に言ってる・・!!鳥肌立った\(^o^)/

あとは「生と死を別つ境界の古井戸」の女の子。
井戸に落ちるまでの彼女のセリフ、どうも演技臭い。自分では頑張ってると言っているけど、実際は・・・。
井戸から帰ってきてから途端に「炊事、洗濯、全部やらなくていい!!」だなんて言ってるし。
しかも恐ろしいのが、持ち帰った”きん”が果たして”金”だったのか。金”では無く”菌”だとしたら。瀝青が黒死病の比喩だとしたら。
「あっという間に 全身 覆った」・・・うわああああああ\(^o^)/しかも最後にネズミの鳴き声してるし!うわああああああ\(^o^)/
鳥肌立ちっぱなしです。流石、サンホラは一筋縄ではいかないなあ(笑)

ただ疑問なのが、もし井戸子の復讐の手段に使われたのがペストなら、確実に母とちびちゃん以外にも被害がありますよね。
下手すると相当な人数が死ぬことになる。
復讐に迷いがあるのか?と聞かれたくらいなのに、復讐にそこまで酷な方法を選ぶだろうか。
選びました、と言われたらそこまでなんだけど(笑)どちらにしろ「可愛い復讐」が皮肉過ぎて、怖い!w
ぶらん子≠女将説とかも面白いですー。いやーまだまだ楽しませてくれそうですね、メルヘン!


前回の記事で青髭の曲がかなり好きーと言いましたが、長く聴いてるうちに最終的に1番好きなのは「火刑の魔女」になりそうです。
何かもう中毒みたいで、狂ったようにこればかり聴いている。最後の悲鳴が好き過ぎる。

さあ、復讐劇を始めよう。

Category : 音楽と日常。
Marchen(初回限定盤)Marchen(初回限定盤)
(2010/12/15)
Sound Horizon

商品詳細を見る


1日フラゲして、Soundhorizonの7thアルバム「Märchen」を購入しました!
ネタバレありなので注意です。


一通り聴きましたが、もう、凄かったです。サンホラ史上最高傑作と言っても過言では無いと思う。
「残酷な童話」ということで、有名なグリム童話のオマージュがいくつかありました。
(私が無知なだけで、本当は全曲童話から引っ張ってきてるのも?)
私、オマージュ作品ってのがかなり好きなので、サンホラでこれをやってくれたのは嬉しいなあ。

初回限定版は絵本のようなブックレットが付いてくるのですが、
それを読みながら物語を聴いていく・・・まるで本当に絵本を読んでいるようで楽しかったです。
私は歌詞が頭に入らないタイプで、歌詞カードもなかなか読まない人なので物語を理解するのがいつも遅いんですよね。
だから凄く読み易かった!

物語の雰囲気としてはElysion、構成はMoiraって感じですね。前作同様激しくミュージカル調です。
全体的にメロディや曲調が好みなのですが、1曲目の「宵闇の唄」が凄過ぎる。
サビの盛り上がり!歌詞カードの「7人の女優達よ!」の所を見ながら聴いて、何か興奮しました(笑)
サビ前のデンッデデンッデデンッデデンデンッ!が好きなんですけど(聴かないと分からないですよねw)
後半でこのメロディが変化して、そこから有名クラシック音楽に繋がるじゃないですか。もー1人で「うおお!」って叫んだ!w

どれか突起して好き、というより全体で好きな感じです(ダントツで宵闇の唄が好きなんだけど、これは抜かしておく)
どれも曲の終わりもエリーゼのセリフが毒々しくて好きなんですよね。
でもあえて言うなら「火刑の魔女」とか好きかな。笑顔で毒を吐いたり、陽気に悲しい唄を歌うのって素敵。大好き。
無邪気に魔女を殺して、笑い合いながら消えてくヘンデルとグレーテル・・・何て残酷なの(笑)
今回、所々ちょっとふざけていて(笑)口が悪かったりとぼけたセリフ入ったり。
その割にヒロインの末路は悲惨なものが多くて。そういうギャップも好きです。

「磔刑の聖女」は最後のエリーゼのセリフで泣いてしまいました。
人の言葉ってのは、やっぱり音楽より何より、ダイレクトにぐーっと来ますよね。
セリフと言えば、エリーゼの「何故人間は愛と性欲を切り離せないのかしら?気持ち悪いわ、あはははは!」がお気に入りのセリフです(よりによって)
私、虐げられる趣味は無いのに・・・エリーゼの侮蔑の言葉を浴びたいのはどうしてなの・・・私は境界を越えてしまったのか・・・。
あと「青き伯爵の城」で大塚さんが歌ってたのに感動した。歌UMEEEEE!!!!


ストーリーとしては、いつもより自由な解釈の余地は少なめかな?ストーリー自体は結構単純だし。
聴いてるだけで大方理解出来たというか、完成されているというか。そういうのも良いかなあと思います。
Märchenに限らずですが、Revoさんの音楽が好きな人、更に「物語を読むこと」が好きな人にはぜひ聴いて頂きたい!



そういや初回特典のゆかいな仲間達カードが、想像以上にショボくて笑ったw
いや、カードはあまり興味無かったんで良いんですけど(笑)切り離してるうちに普通に破いたしね、地味にショックだぜ。
タワレコで予約したんですが、カードはこんな感じです。シンプルでした。

愉快な仲間達のご登場だ!


さあ、後はカラオケに入るのを待つばかり!(笑)セリフ多くて歌える気しないけど・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。